お仕事あれこれ

「氷砕金棒・割るぞうくん」

 
今回の「ビジネスマッチ東北2019」で一番気になった商品です。
「有限会社 吉田研磨工業」さんの「❄️割るぞうくん(氷砕金棒)]
刃物で氷を割ると言う発想が素晴らしいと思います。
一シーズンか持たないようなプラスチック製の除雪用品が多い中、一生使えそうな頑強さに魅力を感じます。
マイクロプラスチックの海洋汚染が問題となっている昨今、このような製品がどんどん増えてほしいものです。
「氷砕金棒・割るぞうくん」_f0246424_10153182.jpg

「ビジネスマッチ東北2019」に出展しました。

 
「ビジネスマッチ東北2019」に出展しました。_f0246424_10504004.jpg
11月7日(木曜日)に仙台市「夢メッセみやぎ」で開催された「ビジネスマッチ東北2019」 に「けん引式レンタル冷蔵庫」を出展しました。
昨年に引き続き二度目の出展でしたが、沢山の方に感心を持って頂き、ご説明させて頂く事が出来ました。
ご来場頂いた皆さん、ありがとうございました。
「ビジネスマッチ東北2019」に出展しました。_f0246424_10502619.jpg

ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社

 
ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社_f0246424_13072574.jpg
ご希望にぴったりの運送会社でありたい。
私達、エスカーゴサービス低温配送合同会社は、定期便はもちろん、
時間帯指定、緊急便などの、お客様のご希望にかなう運送を行っております。
 
お問い合わせ先:
ぴったりクール便の
エスカーゴサービス低温配送合同会社
住所: 岩手県盛岡市緑が丘2丁目9-13
電話 : (019)662-9478
FAX:050-3737-1296
mail : info@iwate-s-cargo.com
(担当-山内まで)

ダイハツは東京モーターショーに次世代軽トラック「Tsumu Tsumu(ツムツム)」を出展する!

 
ダイハツは東京モーターショーに次世代軽トラック「Tsumu Tsumu(ツムツム)」を出展する!_f0246424_10304621.jpg
未来の軽トラがカッコいい! ダイハツ Tsumu Tsumu登場 TsumuTsumuはビッグキャビンと広い荷台を両立させた次世代の軽トラック。ダイハツのパッケージング能力を生かして開発された。用途に合わせて荷台を換装することができ、従来の軽トラックの使い方にとどまらない、農業用ドローン基地や個室空間といった用途の提案を行う。また、新発想の「中折れドア」により抜群の乗降性を実現したとする。←かっこいいです!将来発売されたら是非導入したいです。
ダイハツは東京モーターショーに次世代軽トラック「Tsumu Tsumu(ツムツム)」を出展する!_f0246424_10365409.jpg
こんな感じになるのでしょうか? (ダイハツサンゴメンナサイm(_ _)m)

●ダイハツ FC凸deck(FCデコデッキ/

 
●ダイハツ FC凸deck(FCデコデッキ/_f0246424_14474777.jpg
最高出力が35kWの貴金属フリー液体燃料電池などの技術を搭載した軽トラック。デザインはキワモノ的だが、中身は最先端技術を使い大マジメだった。
かっこよいです(ダイハツさん、ゴメンナサイm(_ _)m)
●ダイハツ FC凸deck(FCデコデッキ/_f0246424_14575442.png
発売されたら、是非 使って見たいです

 

ラグビーワールドカップ2019

 
ラグビーワールドカップ2019_f0246424_11115452.jpg
ラグビーワールドカップ2019、釜石会場のスタッフさんのお弁当配送をしました。
天候も良く、無事にお届け出来て良かったです。

大型ハイブリットストッカーレンタル始めました

 
大型ハイブリットストッカーのレンタル始めました。
内容量600Lの大容量です。
冷凍・冷蔵どちらでも使えます。
100V家庭用コンセントでOK!
大型ハイブリットストッカーレンタル始めました_f0246424_14330239.png

ビジネスマッチ東北2018に出展しました。

 
2018年11月8日
11月8日(木曜日)に仙台市「夢メッセみやぎ」で開催された「ビジネスマッチ東北2018」 に「けん引式レンタル冷蔵庫」を出展しました。
初めての試みで、非常にたどたどしいものでしたが、沢山の方に感心を持って頂き、ご説明させて頂く事が出来ました。
当日、ご来場になった方にはゆっくりご挨拶も出来ずに失礼しました。ご来場ありがとうございました。
ビジネスマッチ東北2018に出展しました。_f0246424_11080301.jpg

牽引式レンタル冷蔵庫始めました。

 
急な冷蔵庫の故障・トラブルに→最短1時間でお届け出来ます!
 イベント出店の冷蔵庫に→100V家庭用コンセントで使えます!
    店舗の建て替え・冷蔵庫の入れ替えに→長期割引します!
      雨天の屋外でも使えます。鍵もかけられます→防水仕様です!
牽引式レンタル冷蔵庫始めました。_f0246424_19221111.png
お問い合わせ先:
ぴったりクール便の
エスカーゴサービス低温配送合同会社
住所: 岩手県盛岡市緑が丘2丁目9-13
電話 : (019)662-9478
FAX:050-3737-1296
mail : info@iwate-s-cargo.com
(担当-山内まで)

レンタル冷蔵庫始めました。

 
レンタル冷蔵庫始めました。_f0246424_19224531.png
イベントや、仮設店舗、急な冷蔵庫の故障などに、当社の「牽引式レンタル冷蔵庫」はいかがでしょうか。
お問い合わせ先:
ぴったりクール便の
エスカーゴサービス低温配送合同会社
住所: 岩手県盛岡市緑が丘2丁目9-13
電話 : (019)662-9478
FAX:050-3737-1296
mail : info@iwate-s-cargo.com
(担当-山内まで)

 

★レンタル冷蔵庫始めました★

 
★レンタル冷蔵庫始めました★_f0246424_19222605.png
レンタル冷蔵庫始めました。100Vで使用出来るのでとても便利です。イベント会場や仮設店舗などにいかがでしょう。
お問い合わせ先:
ぴったりクール便の
エスカーゴサービス低温配送合同会社
住所: 岩手県盛岡市緑が丘2丁目9-13
電話 : (019)662-9478
FAX:050-3737-1296
mail : info@iwate-s-cargo.com
(担当-山内まで)

 

産直応援便

 
産直品の配送承っております。
産直応援便_f0246424_18541345.jpg

ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社

 
ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社_f0246424_20212329.gif
ご希望にぴったりの運送会社でありたい。
私達、エスカーゴサービス軽貨物低温配送事業所は、定期便はもちろん、時間帯指定、
緊急便などの、お客様のご希望にかなう運送を行っております


http://iwate-s-cargo.com/

ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社

 
お気軽にお問い合わせ下さい

【連絡先】
☆24時間受付中!
 ■TEL 019-662-9478
 ■FAX 050-3737-1296
 ■E-mail :info@iwate-s-cargo.com
ぴったりクール便のエスカーゴサービス低温配送合同会社_f0246424_20333380.jpg



http://iwate-s-cargo.com/

冷凍車について

 
冷凍車とクール便

冷凍車について_f0246424_18461490.gif
冷凍品輸送にも使える冷凍車です。
多くの人が活用しているクール便には冷凍車が使用されています。日本全国に冷えた食品などを運べるということで非常に役立つのがクール便で、そのおかげで多くの業者の冷凍食品などの売上高が上がっていることは言うまでもない事実ではないでしょうか?

自動車の開発においてはどんどん新しい技術が研究・開発されていて、エコカーをはじめとして多様な製品が発売されています。冷凍車にも早くも電気を使って走行できる車両が開発されていて、今後は全国にかなり浸透していくと言われているのです。電気自動車は石油燃料も必要なく環境に優しいということなので、多くの人達に使用されるということになると推測されます。
一口に冷凍車と言ってもサイズや形だけを見たとしても様々な種類の車両があります。冷凍車を購入する時には、使用する用途に一番適した車両をチョイスしなくてはいけませんが、実際に買う際には無駄に高いものを買わないようにするためにもじっくりと検討して選ぶようにしています。
より良い冷凍車を求める際には、各業者が活用している冷凍車のトップシェアを誇る製造会社の冷凍車を購入するということもおすすめとなります。他のトラックもそうなのですが、いろいろな自動車製造会社が冷凍車を作っていて、性能面は全てが異なるということになり、一番人気のある製造元の車両は品質も高いことが予想されます。

※中温冷凍車

軽運送業者が一番活用しているのが中温トラックなのです。冷凍車でも中温が一番たくさん活用されていて、豊富なタイプのものがたくさんの自動車メーカーから発売されております。それだけ中古車も多く状態が良好なものも一杯存在しているので、しっかりと状態の良いものをチョイスするようにしています。
全国に冷蔵が必要な商品を運搬してくれる大型冷凍車は、一気にたくさんの品物を積んで走ることができるようになっているのですが、それだけ運賃も軽冷凍車と比較すると数倍になります。
故障した場合にはなかなか厄介な冷凍車なのですが、修理に出している間は仕事ができなくなってしまうので、当社は予備車両を必ず用意しています。

当社ホームページは下記リンクからお願いします          
http://iwate-s-cargo.com/

冷凍車について (2)

 
普通免許だけで運転することができる軽車両の冷凍車は、中古車になると大分安価な値段で手に入れられることになるのです。冷凍車を所有していると運搬の仕事の他にもいろいろな商売ができて、宅配会社以外でも軽自動車の冷凍車を保有している人はたくさんおいでなので、したがって数多くの中古の軽冷凍車が提供されているのです。
多種多様なモデルのある冷凍車です。一概に販売価格を言えない面があります。温度設定だけでもマイナス30℃くらいから0℃くらい、マイナス25℃などいろいろなタイプの冷凍トラックが出回っています。冷凍車の積載量もいろいろですし、低温型か中温型でも値段は変化してしまいます。
様々な自動車メーカーの冷凍車を調べて目的に合ったものを選んでいます。通常の車両よりも大分高額になるため、できるだけ多くのデータを収集することによって、適切に冷凍車を買うことができることになるのです。新品同様の新古車もたくさん販売されているので、そういう情報もきちんとチェックするようにした方がいいのです。
新車で買う場合は自動車メーカーから普通に購入すればいいのですが、中古の冷凍車を購入するという場合は冷凍車の専門店がたくさんあるので、信頼のおけるお店を見つけて、なるべく安価で買うようにしています。
最近は、冷凍車をリース導入しています。数週間などかなり短期間のケースだと、借りればいいのですが、1年くらいの利用を予定していて、場合によってはもっと使用するかもという方だとリースすることにより経費を大分抑えるということができるでしょう。


http://iwate-s-cargo.com/
冷凍車について (2)_f0246424_1943862.jpg

冷凍車と保冷車

 
冷凍車と保冷車


漢字の通り0℃以下の室内温度を保てるトラックを冷凍車と言います。一番低くてマイナス25℃までいけます。ところで冷蔵車とは10℃前後から氷点下くらいまで室内温度を保てる運搬用トラックを言います。0℃が冷凍車と冷蔵車の境になります。
軽貨物でも多種多様な冷凍トラックが出ています。、業務により車両をチェンジするといいです。軽貨物にはワゴン車タイプの冷凍車もあります。冷凍食品を配送するだけではなくて、氷のモニュメントなどを運送もできます。

通常冷凍車は全て、アイドリングストップ条例から免除されています。エンジンを切ると、エンジンの動力が停止し、冷凍のためのコンプレッサーも止まってしまいます。冷凍機能が止まってしまわないように、駐車中もエンジンはオンの状態になっています。もちろんその一方で現在は外部電源を持っていて、エンジン停止中でも冷凍し続ける冷凍車もあります。
利用する目的別に冷凍車は選ばなくてはいけないのです。冷凍車の作りは自動車メーカーや車両の大きさとかによっても違うので、購入の際に使途をしっかりと伝えるようにして、使途に最も合った車を購入するようにしましょう。価格が格安だからということで性能があまり良くないものを選ぶと活用できなくなる可能性も出てきます。
コンテナの内部を氷点下に下げたまま荷物を運送できる冷凍車です。自家用車に搭載されたクーラーと同じような機器が荷台の内部にも別個で用意されているのです。走っている途中はもちろんですが、一部の車種では自動車を駐車し、エンジンを停止した状態でも、冷凍機能が予備の電源で継続するようにできています。

ベースの軽トラックは、通常で燃費が15キロ前後です。ほとんどどのメーカーの車種でも国産の場合は同じです。その上でコンテナの構造を冷凍機能付にするとやはり重量も上がりますし、アイドリング状態で燃料を消費するので、燃費は落ちます。冷気を逃がさないように冷凍車のコンテナは分厚い断熱材が使われています。低温冷凍車になると、コンテナの断熱材は分厚さが100ミリに及びます。しかもサブのバッテリー、冷凍装置など付加的な装置が多くあるので、総重量も重くなってしまい、燃費も悪いという弱点が考えられます。
軽トラックの冷凍車の場合は、エンジンを止めると冷凍機能まで停止してしまう機械式冷凍車が多いと言えます。特殊な冷凍車になると、ストップ時も外部の電源装置を活用して冷凍状態を継続できます。仮にエンジンストップ時も冷凍を続けたい場合は、システム内容を事前に調べてから選択しています。


このブログトップへ

http://iwate-s-cargo.com/


http://carry-ace.net
冷凍車と保冷車_f0246424_19165089.jpg

冷凍車あれこれ

 
冷凍車あれこれ


デリケートな電気系統が搭載されている冷凍車です。システムが難解になるほどに電気系統の不具合も増えます。大容量の電気を使い、バッテリーもそうとうな不可を受けています。その結果電気システムにトラブルが生じコンテナの温度が上がってしまう事態も考えられます。
交通事故を起こさないようにするには運転している人の注意が大事なのは言うまでもないことなのですが、冷凍車のお手入れも重要になります。冷凍車に積載する荷物は普通の荷物と比べてみると非常にデリケートなので、エンジンなどのメンテナンス以外にも冷蔵機の調子もちゃんと定期的に確認することが必要となっているのです。

一概に耐用年数を断定できない冷凍車です。税制から見た耐用年数を言うと、4年間になっています。とは言え、中古のマーケットには9年ほど前の中古冷凍車も当たり前にあります。単純に冷凍したまま走行するという視点で計算するなら、10年近くは利用ができるのです。もちろんですが使用頻度にもよりますが。
修理をしてもらう時には専門業者に持っていかなくては駄目な冷凍車なのですが、毎日のメンテナンスをすることにより、冷凍車は長期間使用できることになるのです。そのためにも運送屋の経営者は毎日のメンテナンスを従業員に浸透させることが重要になるのです。
仮にアイスを運ぶ冷凍車のコンテナに、アイスクリームの写真や宣伝文句を印字すれば、広告になってくれます。荷物を運びながらその途中で宣伝までできるため一石二鳥だと考えられています。非常に有効な手段なので、たくさんの業者がやっているデコトラ広告の手法です。

海外では日本車の需要が相当高くなっていて、冷凍車の値段も前までに比べて非常に高くなってきているとの事です。したがって冷凍車を処分する場合には、ただ捨ててしまうというよりかは絶対に買取業者に持って行くことが良くて、思ったより高価な値段が付けられるという今では珍しいことではないようです。
冷凍車あれこれ_f0246424_19562788.jpg
開発されたのは相当前だと伝えられている冷凍車ですが、普通に我々の暮らしの中に入ったのはごく最近のことです。この頃ではかなり高性能の冷凍車がいろいろ販売されているようですが、ではじめは今のものに比べると機能性が良いとは決して言えなかったそうです。